うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     TOKYO NO.1 SOUL SETさんのCDへ   CD      TOKYO NO.1 SOUL SETさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check TOKYO NO.1 SOUL SETさん『Bronco Summer』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Bronco Summer
作詞 BIKKE/川辺浩志/渡辺俊美 
作曲 BIKKE/川辺浩志/渡辺俊美
TOKYO NO.1 SOUL SET
眠れないままに朝は到来 ただ、ただ冴える意識の中
まだ熱を持たないその光を 窓からちょっと招き入れる
確かに感じた冷たさに 埃が舞ってゆく行き先に
少しだけ疲れている体を 少しだけそこに運んでみる
靴を履くのにてこずりながら カギを開け、ドアをふっと開ける
空腹満たす何かを探しに つれないいつもの顔連れて

週末の夜、真夜中過ぎ 今日初めての電話が鳴る
諦めかけてた興奮に 諦めかけてたその時に
ざわついてる向こう側の音は 誰より何処より響いてくる
ほろ酔い加減の呼び出しは 理由無く居場所を伝えてくる
用意をしているこの体は 明かりを消してドアを開け
ただそこに向かうスピードを試す 時間にさえ負けることはなく

小高い窓から眺める景色は 見事なほどにバランスを保つ
直前に映る全ての影に さして距離を感じることも無く
歩いて行けば、今すぐにでも その麓にたどり着ける気が
気分が走る、暑さが増してく 思いついて外に出てみる
君に教わった歩き方で 君に教わった道筋で
並び終わらない人達と共に 進み始めたそこに向かいながら
吹く風に願うことはひとつ 吹く風に感じることはひとつ
雲の白が色付くときに 振り向いてみる、降りてきた場所を
そしてもう一歩踏み出してみる そしてわかる疲れてる体を
はずかしいくらいの晴天なのさ 足で蹴り上げる豪快な夏

映り込む揺れ動く光 少しだけ伸びて行く
忘れ出すざわつく暑さを 映り込むその指に

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

TOKYO NO.1 SOUL SETさん『Bronco Summer』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー