うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     TOKYO NO.1 SOUL SETさんのCDへ   CD      TOKYO NO.1 SOUL SETさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check TOKYO NO.1 SOUL SETさん『風』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
作詞 BIKKE/川辺浩志/渡辺俊美 
作曲 BIKKE/川辺浩志/渡辺俊美
TOKYO NO.1 SOUL SET
ひと月遅れの春の風は 香り高く届いてるだろうか
以前の例えは気にしていないが 意味があるとも思ってはいない
おきまりの時間に吹いたそれよりも いくらか余韻が残ればいい
さして強くもなく、弱くもなく そう温くもなく冷たくもなく
絶え間なくただ、ただ、続けていく 壁の向こうの季節に向けて
今更ながら言っておくが この街を出るのを止めにしたからだ

相変わらずの肩すかしなのか 季節は退屈そうな色をする
素晴らしい秘密をばらさぬよう ますます風は意味を辿る
欠伸につられて鳴り響く 壁の向こうから運ばれる音を
風の便りとかぎつけて ギリギリのところで聴いている
木々が揺れる速度はゆっくりだが 確かに緑は深まっている
自然が自然と振る舞うように 期待に応えて移り変わる

遊び半分に吹く風には 暑さが増すのはどうでもいい
戯れの時だけ大いに暴れ 雨の中、大いにはしゃぎまくる
季節がそっぽを向いていないのは 木々のざわめきで判っている
景色が変わって欲しいのならば 本当に暑さが欲しいのならば
今すぐ壁を壊して、そして 夏が来る前に吹いて終わるよ
何故なら汗なら拭うだけで 済んでしまうだけだからさ

君にちょっと伝えたいだけなのさ
ありふれた素晴らしい風の中
君にちょっと伝えたい風なのさ
ありふれた素晴らしい訳だから

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

TOKYO NO.1 SOUL SETさん『風』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー