うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     亜波根綾乃さんのCDへ   CD      亜波根綾乃さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 亜波根綾乃さん『Seventeen』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Seventeen
作詞 柴野繁幸 
作曲 関淳二郎
亜波根綾乃
放課後の黒板 Lemmonの詩 二人で書き
汚れた指先絡め そっと寄り添った

青春を振り返る そんな時代が きっと来るね
子供たちに教えよう どんな想い出も

始まりは夕暮れのKiss 若草の季節
零れ落ちていった 銀色の息
胸いっぱいの恋を くすぐりながら

夢だけ食べても生きて行けるさと 信じ合ってた
どんな悲しみも寄せ付けないほど つなぎ合ってた
6度8分の微熱の中

眠そうな笑顔が 無邪気過ぎて 泣きたかった
初めて迎えた朝は ちょっと切なくて

始発電車の窓から 唇で言った
17才の合言葉 繰り返す度
壊れた時計が 今日も逆周りする

覚えたばかりのGuitarを鳴らして ふざけ合ってた
必ずふたりで100まで生きると 誓い合ってた

どんなに時間が流れて行っても 変わらないよと
生まれたまんまの心をかさねて 愛し合ってた
6度8分の微熱の中

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

亜波根綾乃さん『Seventeen』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー