うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ランクヘッドさんのCDへ   CD      ランクヘッドさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check ランクヘッドさん『姫百合の花』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
姫百合の花
作詞 小高芳太朗 
作曲 小高芳太朗
ランクヘッド
目が覚めて酷く汗をかいていて
君にすがりついた
さっきまで見ていた夢が今は
思い出せない
何一つ

汚されてしまうのは多分
いつだって君ばかり
何百回許されてみても
ねえ、彼はいつになったって
気付けはしないのでしょう

世界が回り始めた朝の中で
誰かが笑い、あの子は独り泣いていた
三分見つめ続けた空の青は
目を閉じたら赤黒く瞼に焼き付いていた
意味もなく
ただ焼き付いていた

どれだけその手を洗ったって
落ちないね、こればかりは
紫色になるまでふやけてしまっている
その手をどう使う
何も思いつかない

世界が終わりかけだした闇の中で
小さな声であの子はまだ泣いていた
三分見つめ続けた空の青は
目を閉じたら赤黒く瞼に焼き付いていた
意味もなく
ただ焼き付いていたんだ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ランクヘッドさん『姫百合の花』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー