うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     KalafinaさんのCDへ   CD      Kalafinaさんの楽譜へ   楽譜  Kalafinaさん『音楽』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check Kalafinaさん『音楽』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
音楽
作詞 梶浦由記 
作曲 梶浦由記
Kalafina
それでも誰かを信じたい君の小さな溜息は
世界の何処にも届かず消えた

雨は二人を打ち据えて僕は瞳を尖らせて
何にも出来ないこの手を離した

僕に見えないものが君には見えていたの
太陽が昇る場所までまだ遠い

魂の中にある一条の光を信じて
叫びたい言葉さえ無いけれどただ叫んでいる
それが僕の音楽

いつ終わるかなんて分からない
きっと終わるときも分からない
だからもう少し、せめてもう一歩

何処へ行きたいか分からない
それでもしつこく叫ぶ声に
嵐を選んで碇を上げる

叫ぶ力も尽きて その雲が消える頃
激しい夜明けが海をも枯らすだろう

魂が果てるまで一条の光を信じて
泣きながら歌うんだ眠れない夜の向こうに
きっと君の音楽

明日への近道がどうしても見つけられない
一つずつ 一歩ずつ そんなの分かっているけれど
太陽が昇る場所へ

それでも信じ続けたい君の小さな溜息が
僕の胸を不意に貫いた

君の手を取る為に闇雲にただ愛を信じて
僕達は手探りでじたばたとまだ旅の途中
魂が果てるまで一条の光を信じて
出鱈目(でたらめ)な旋律が溢れ出す夜の向こうに
きっと僕の音楽

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Kalafinaさん『音楽』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで Kalafinaさん『音楽』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー