うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ミドリカワ書房さんのCDへ   CD      ミドリカワ書房さんの楽譜へ   楽譜  ミドリカワ書房さん『馬鹿兄弟』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check ミドリカワ書房さん『馬鹿兄弟』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
馬鹿兄弟
作詞 緑川伸一 
作曲 緑川伸一
ミドリカワ書房
甘ったれたクソガキがだらしなく 戯言を紙にタラタラ書いた
それから冬の夜の闇へと 逃げるようにクソガキは消えた

ガキにはあちこちに借金があった それは恐ろしい額になってた
取り立てのチンピラに脅されてた 命の危険を感じ始めた

クソガキのアパートにやって来た母親 ゴミ屋敷のような部屋の中
小汚い文字でタラタラ書かれた 醜い遺書があった

母親はすぐ捜索願を出した 警察の人は割と親切だった
その頃ガキは死ぬ勇気なんかなく 友達の家を転々と彷徨っていた ニヤニヤしながら

廻りにあるのは偽物の友情だけだった ごまかしだけだった

クソガキの兄貴は東京にいて 金にならない歌を歌ってた
弟が失踪したと聞いて ただ情けなくて腹が立った

弟よりむしろ母親のことが 心配で心配で仕方なく
電話から漏れる母親の声は 悲しく震えてた

三年後の秋 兄貴の所に 招待状が来た ガキの結婚式の
東京のヤツはチョコチョコ売れてきた時期で
招待状の中に"一曲唄ってよ"って 昔と同じ懐かしい汚い文字が

死んじまえ卑怯者 みんなに心配かけやがって
いい気なもんだ みんな忙しいんだ お前なんかに構ってられるか
死んじまえ卑怯者 死んだ方がよっぽどましだ
あのときそこまで考えた兄貴は

招待状を嫁に黙って渡して 手帳を開いて日付に丸をした
自分の歌を歌うのは恥ずかしいので カラオケでいつも歌う
ハマショーの歌を唄うことにした 結果が「もうひとつの土曜日」

兄貴はニヤニヤ仕事に出かけた
クソガキの嫁はすこぶる美人だ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ミドリカワ書房さん『馬鹿兄弟』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで ミドリカワ書房さん『馬鹿兄弟』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー