うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  KOTOKOさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      KOTOKOさんのCDへ   CD      KOTOKOさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check KOTOKOさん『春』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
作詞 KOTOKO 
作曲 KOTOKO
KOTOKO
古い木目の隙間に
春の風ふと迷いこんだ
窓を開けるには少し早すぎて
くしゃみ一つ点を打つ

二人のため 行くと決めた
この部屋残して
まぁるくなった埃たち
きらきらと舞い立つよ
旅立つ背中見送る想い出のように

じゃあね、
ずっときっと君は元気でいて
二人違う場所へ向うための握手
雪はすぐに溶けて暖かくなるから
ほどけない指の温もり
いつか忘れるよね? 嗚呼…

枯れた小枝のざわめき
君の笑顔が消えて行った
時は残酷な手紙
避けられない三叉路に舞い降りた

君のため…と、夢のため…と、優しすぎたから
深い場所で裂けてゆく痛みさえ気付かずに
悲しいの言葉 それさえも空(くう)に消えてた

今度はきっと自分のため生きて欲しい
泣いてもいいよ 全て君の時間だから
淋しい時は思い出して このメロディ
君が好きだった自分勝手我侭な天使は
明日も歌うよ…

-言葉少なな君と争う声 もう聴こえない もう聴こえない-

二人間違いだらけ 三月のふきのとう
雪に振られ蒼い体も凍らせる
なのに春を待ちわびる心消せない
いつか晴れた空のような笑顔に会えるよね?
陽だまりの中で…

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

KOTOKOさん『春』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー