うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  Kraさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      KraさんのCDへ   CD      Kraさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check Kraさん『赤蜻蛉』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
赤蜻蛉
作詞 景夕 
作曲 結良
Kra
ススキの茂る畔道ごしを飛ぶ 赤とんぼ
絶えず留まる事を知らす愚式の鐘よ・・・

その音さえも我関せずと飛ぶ 赤とんぼ
ススキの茂る畔道ごしを飛ぶ 赤とんぼ

幼い頃の空を見上げた 僕がここにいるよ
いつまでも変わらないと思っていたよ
季節が廻りいつの日からか 変わる日々に馴れた
どの空をみてもどの雲をみても答えは一つもわからず

ただ僕らはどれだけ繋いだ手を離さずにいれるだろうか?
それこそはかないものなか?
言ってくれ・・・この先にも僕らが歩ける日々があると
夕日に消えていく今日の日がさみしさを教えた

手を繋いで 離して 結んで 解いて
繋いで 離して 繋いで 離さないで

まだ見えつづけるその答えほど痛くつらいものはない
心が赤く燃えるような季節を選んだ 君に幸あれ
いつの日からか変わる日々に馴れた
何かを追い続けていた頃のことや情況は 変わらず

今も僕はおもう 明日など迎えず今日をくり返して
ずっと君と一緒にいられたのならと・・・
答えてくれ この先にも僕らが歩ける日々があると
夕日に消えていく今日の日がさみしさを教えた

また今年も焼けた空を赤とんぼが遊に泳ぐ季節が

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Kraさん『赤蜻蛉』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー