うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  犬神サーカス団さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      犬神サーカス団さんのCDへ   CD      犬神サーカス団さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 犬神サーカス団さん『餓鬼』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
餓鬼
作詞 犬神明 
作曲 犬神明
犬神サーカス団
みるみるうちに私の身体は腐っていった
化膿した傷口には何匹もの蛆がわき
肋骨の刺さった肺は今でもヒュウヒュウと悲しい音をたてている
車内にたれ流されたさまざまな体液はえぐられた内臓とともに
おぞましい彩りを帯びている
それはトマトを煮詰めたイタリア料理のようでもあり
生臭い死の薫りはまるで魚市場のようでもあった
このまま私も死んでいくのだろうか
生きのびるためには死体の肉を食べなければ
私はついに飢えた鬼になり果て まだ生気の残る人肉に貪りついた
饐えた匂いにむせながら 筋ばった生肉をガリガリと私は食べたのよ

いつもと変わらぬ朝を向むかえ いつもと変わらぬ満員電車に乗った
いつもと変わらぬ車両の中では
いつもと変わらぬ顔同士が他人のフリをしている
いつもと変わらぬ停車駅では いつもと変わらぬ乗客が乗りこみ
いつもと変わらぬ新聞を広げては
いつもと変わらぬ同じ記事を読んでいる
しかし いつもと変わらぬはずの列車は
いつもとは違うスピードで飛ばし
いつもと変わらぬはずの冷静な運転手はすでに発狂していた
時速120Kmのスピードで列車は線路を踏みはずし
激しく横転しながら何本もの電柱をなぎ倒した
おびただしい数の乗客が発した悲鳴は 激しく天国への扉をノックした

見よ!前代未聞の惨劇を!

粉々に砕け散った窓ガラスの破片が乗客の身体に突き刺さって
真っ赤な生暖かいエナジーがドクドクと吹き出している
激しい衝撃に飛び出た中年男の目玉は
驚いたような表情で私に何かを言おうとしている
思わず目を背ければそこには千切れた無数の手足が
まるで生き物のようにあやしく蠢いていた

サラリーマンの口元からは 朝食と思われるコーヒーとハムエッグと
胃液のミックスジュースがこぼれ
OLの足元からは あまりのショックによる失禁と
生理中の血でブレンドされたオレンジジュースがこぼれている
目も眩みそうなその美しい光景は
マルセル・デュシャンの芸術論を軽く超えてしまった
なぜなら『ローズ・セラヴィ』も『フレッシュ・ヴィドー』も
『アンフラマンス』もすでに語りつくされているではないか!

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

犬神サーカス団さん『餓鬼』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー