うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     つばきさんのCDへ   CD      つばきさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check つばきさん『土曜の午後』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:8回 リリース日:2005年10月26日
土曜の午後
作詞 一色徳保 
作曲 つばき
つばき
陽が少し傾いた土曜の午後は
相変わらず君に会いたくなって

やりかけの宿題を放り投げて
口ずさむメロディーと向かった駅
飛び乗った電車の窓から見えるのは
いつもより色鮮やかな風景

誰かが窓を開けたみたいで
風は春を知らせる匂い
この心を揺らすものは
生温い風じゃない きっとそう

今 君の街へ 僕を乗せて走る
電車はただ この想い乗せて走る

「この想いも氷の様にいつかは溶けて
なくなってしまうの」って笑って言うから
ツギハギだらけのその心に
少しだけ不安になって 霞む風景

赤く染まった街の駅に
髪を揺らす君がいて
そんな不安すら忘れさせる
夕陽に揺れてる 君の瞳

そうさ 見つめ合えば 何もいらないその先は
いつまでも 覚めない夢の中

そして 春の夜にふれて 二人愛し合えば
本当も嘘も こんな歌すら意味はない

君が眠る街は明けて 僕は覚めない夢の中
君の知らない春の歌を 口ずさみ会いに行くよ

陽が少し傾いた土曜の午後は...

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

つばきさん『土曜の午後』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー