うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  長渕剛さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      長渕剛さんのCDへ   CD      長渕剛さんの楽譜へ   楽譜  長渕剛さん『家族』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 長渕剛さん『家族』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
家族
作詞 長渕剛/高山文彦 
作曲 長渕剛
長渕剛
ギラギラと焼けつくコールタールの屋根に
むせかえる灼熱のあの夏の放課後
俺たちはたくさんの自分を閉じ込めて
しゃぼん玉を青い空へ飛ばしたよね

七色に輝く俺たちの未来は
「信じる」とか「信じない」からかけ離れてた
何の疑いもなく陽炎といっしょに
天空へ確かにはじけず昇ったよね

あれは遠い、そう夏の日の午後
広い校庭に水をまいた
決まって夕立のあと俺たちは
裸足のまんまで西陽を追いかけた
悲しかったけど・・・・・・
泣きたかったけど・・・・・・

「家族」という船に乗り
「孤独」という海に出た
「家族」という船が行き過ぎ、今
「孤独」という魚になった

そばがらの枕と重たく湿ったふとん
吊した蚊帳をめくると苦しい夢をみた
天井には姉ちゃんのすすり泣きが響き
俺はじっと明日を垂直に考えてた

終業式の木造の校舎まで
明日はバスに揺られる最後の日だ!
割れた窓ガラスにセロテープを貼ろう
そして色あせたランドセルを川へ捨てよう

ひざまでザックリつかりハヤを追いかけた
気の遠くなるよな夕暮れまでの瞬間(とき)
母親の夕餉の支度と立ち昇る煙が
たまらなく嫌だったけど明日が待ちどおしくて
つらかったけど・・・・・・
悔しかったけど・・・・・・

「家族」という船に乗り
「孤独」という海に出た
「家族」という船が行き過ぎ、今
「孤独」という魚になった

農夫たちのぶ厚い人間の手のひらに
今日一日分のお椀を返したら
親父もお袋も姉ちゃんも俺も
やがて「ふるさと」という呼び名から離れて行くのだ

『さよなら』を言わなきゃいけない数の方が
出会いの数より多かったよね
親父の胸の草むらであの夏の日
『もう母ちゃんを殴らないで!!』と約束をした

今ごろ貴方の父や母は
どこの空の下で泣いてるの?
貴方の人間は貧しくなんかない
いとおしくなったから生き急ぐのだ
逃げたかったけど・・・・・・
死にたかったけど・・・・・・

「家族」という船に乗り
「孤独」という海に出た
「家族」という船が行き過ぎ、今
「孤独」という魚になった

白地に赤い日の丸
その父をたまらなく愛してる
白地に赤い日の丸
その母をたまらなく愛してる
白地に赤い日の丸
その姉をたまらなく愛してる
白地に赤い日の丸
殺したくなるよな夕暮れの赤
白地に赤い日の丸
この国をやっぱり愛しているのだ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

長渕剛さん『家族』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
オリコンミュージックストアで 長渕剛さん『家族』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー