うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  長渕剛さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      長渕剛さんのCDへ   CD      長渕剛さんの楽譜へ   楽譜  長渕剛さん『しあわせの小さな庭』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 長渕剛さん『しあわせの小さな庭』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
しあわせの小さな庭
作詞 長渕剛 
作曲 長渕剛
長渕剛
気の病に犯された夢遊病者のように
幾日も四畳半に閉じこもりっぱなし
引きちぎった電話線をてめえの首に巻きつけ
『死にてえ』などとお茶目にかわいぶってみた

やっと手に入れた"花の東京"200坪の土地
適当な家をおっ建てた
隔離されてる俺の部屋の窓から
みごとな咲きっぷりの赤と白の花々たち

ひと群れの太い木々たちが織りなす花々は
黙ったまんま腐る俺をいやしてくれる
そして俺は不安と恐怖からとき放たれる

我が家の庭先に小さな畑を
妻と三人の子供と耕し造った
いっしょに汗をかきかき種をまいた
『しあわせの花がどうか咲きますように・・・』と

お祈りしてからひとつ目の夏の終り
やっと花を咲かせた天高い向日葵(ひまわり)
俺たち東京 五人家族の土の上から
灰色の空に垂直に向う五本の向日葵(ひまわり)たち

明日、俺 40回目の誕生日だ
花を見上げる俺たちはなぜか黙っている
瞳たちよ、このまま真っ直ぐはるか天まで届いてゆけ

やがて咲いたばかりの背い高ノッポの向日葵(ひまわり)も
朽ち果て、しおれ、うなだれ、腐り、土にかえる
その時花の命の短いはかなさを
天を仰ぐ我が子は初めて知るのだろう

"希望"という名の裏側の絶望に
叩き落され死にたくなる時もあるさ
いつか家族で見上げた空の高さを想い出して
人より傷つき優しく厳しい人生(みち)をひたすら願うのだ

許してやろう、よっぽど辛かったんだろう
ほっといてやろう、よっぽど痛かったんだろう
ほめてやろう、よっぽど悲しく淋しかったんだろう

妻よ、君もいつの間にか三人の母親になった
君の立つ台所からはしあわせが見えるかい
庭先で餌をついばむ雨にぬれた五羽のニワトリを
老いた俺の親父の背中が必死で追いかけてる

きっと遠い昔、君も少女だった
ささやかな暮らしでも大切な人がいたはず
今、君の寝室に立てかけてある死んじまった
君の親父の写真から何か聴こえるかい?

悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう
悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう
そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ

悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう
悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう
そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ

しあわせの小さな庭で 天まで届け向日葵(ひまわり)たち

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

長渕剛さん『しあわせの小さな庭』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 長渕剛さん『しあわせの小さな庭』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー