うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  河島英五さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      河島英五さんのCDへ   CD      河島英五さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 河島英五さん『二十七才』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
二十七才
作詞 河島英五 
作曲 河島英五
河島英五
好きな女と一緒になりたいとか
人より幸せに なりたいとか
乗り込むはずの電車の扉は
回送電車で開かない
夜更けの駅のホームで 風と たわむれている
だから獲物 狙うように 瞳はギラついて
それは生き生き 輝いているとも とれるけど

二十七才と言えば 若過ぎることはない
汗もひからびた 老人でもない

時計の針が逆さに回るような
生活と 人生に疲れているんだ
帰りの電車を 気にしないで
朝まで 飲んで みたいねと
君は カレンダーに 印 しながら つぶやいた
あきらめる事だけ 見つめる瞳は空ろに輝いているけど
それは決して やさしさでは ないだろう

二十七才と言えば 若過ぎることはない
汗もひからびた 老人でもない

流れる雲のように 自由になりたい
他人の事など 何も気にかけずに
自分で 自分に 命令をして
それなら 守れそうな 気がする
与えられたものは 何故だか とても 味気無い
だから空を流れる雲の ひとりぼっちの さみしさが
僕に解れば そこから すべてを 始めたい
二十七才と言えば ひとりじゃない
二十七才と言えば ひとりぼっち
二十七才と言えば ひとりじゃない
二十七才と言えば ひとりに なりきれない
ひとりぼっち

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

河島英五さん『二十七才』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー