うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  藍坊主さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      藍坊主さんのCDへ   CD      藍坊主さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 藍坊主さん『低迷宮の月』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
低迷宮の月
作詞 藤森真一 
作曲 藤森真一
藍坊主
低迷宮の月が揺れる、錆びた水面に浮かんでる
波が立つたび、消えそうだよ、どうせ、私は偽者さ

銀の釣り針、垂らしてほしい、そして空へ、連れてってほしい

低迷宮の月は見る、夜空に光る月を
何万キロ進んだのなら、本物になれるのだろうと

低迷宮の月は、僕には無理だよと、海鳥の道筋を、優しく照らしました。

通り過ぎる魚の群、その度、驚きゆらゆらり
これを気の小ささとするか、鋭い感受性とするか

諦めに似た、始まりだよ、今を受け入れ、明日が生まれる

低迷宮の月は見る、初めて自分の姿を
そしたら気付きました、自分だって本物なことに

低迷宮の月は、たくさんの海鳥が、ハネを休める場所に、なって笑いました。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

藍坊主さん『低迷宮の月』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー