うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     TOKYO No.1 SOUL SETさんのCDへ   CD      TOKYO No.1 SOUL SETさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check TOKYO No.1 SOUL SETさん『黄昏'95〜太陽の季節』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
黄昏'95〜太陽の季節
作詞 TOKYO No.1 SOUL SET 
作曲 TOKYO No.1 SOUL SET
TOKYO No.1 SOUL SET
太陽の光り、月の灯かり 夕暮れに誰と黄昏る

僕らはそもそも昼に生きるのか そうでなければ何故、昼は
太陽の光りで注意を引き たちまち僕らの目を眩ませて
輝きたいと思わせるのか より高く、もっとより高く
空想よりもっと高くと たえず光源へとおびき寄せる
(なら)飛び立とう、そして到達しよう 足場が不安定なのに気づかずに
翼のバランス考慮して 飛翔は合理的に計算され
おかしい所は無いはずなのに 妙に自信だけ持っているのに
昇天への欲望はどうして 狂気の様に見えるのか

僕らはそもそも夜に生きるのか そうでなければ何故、夜は
暗闇で視界を奪い去り 月の灯かりで僕らを照らし
進むべき道を教えるのか より先へもっとより先へ
ランナーよりももっと先へと たえずゴールへとおびき寄せる
(なら)走り出そう、そして到達しよう 酒の勢いだと気づかずに
靴のひもをなおそうとして テーブルのグラスを全部倒す
足なんかフラフラになっているのに 妙に自信だけついているのに
泥酔への疾走はどうして 正気の様に見えるのか

太陽の光り、月の灯かり 夕暮れに誰と黄昏る

僕らはそもそも何時に生きるのか そうでなければ何故、僕らは
太陽が夕陽に変わった途端 目が眩むことなくはっきりと
彼方の終わりが見れたのか 魅力を失くした光源は急に
おびき寄せる力を失い 僕らをただちに堕落させる
堕落は飛翔よりずっと自然で 地面に叩き付けられることも
フラフラになって歩くことも 昼の情熱よりずっと自然で
自然が企む罠なのか 夜はもうじきやって来るのか
昼は夜を信じることなく 夜は昼を信じることなく

太陽の光り、月の灯かり 夕暮れに誰と黄昏る

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

TOKYO No.1 SOUL SETさん『黄昏'95〜太陽の季節』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー