うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     TOKYO No.1 SOUL SETさんのCDへ   CD      TOKYO No.1 SOUL SETさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check TOKYO No.1 SOUL SETさん『ロマンティック伝説』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ロマンティック伝説
作詞 TOKYO No.1 SOUL SET 
作曲 TOKYO No.1 SOUL SET
TOKYO No.1 SOUL SET
行き交う人の少ないこの街は 夕陽の欠片で夜を告げる
主人からはぐれて彷徨う犬は 自由と不安に遠吠えする
エサを見つけたか走り出し ビルの影に僕を誘うのだ
薄暗いオレンジの灯の下に 金属音は注意を引く
街灯にもたれた一つの影の 視線がうつ向く、心に絡む
絡んだ、それで手繰られるように 彼女のほつれた髪に絡み付く
交わし合った目で返す言葉で 今日は孤独から抜け出せる
時代遅れの指輪をした手で 僕の手をゆっくりと引いていく

長椅子に怠惰な姿勢で座る 彼女の衣装ははだけ、そこから
覗くゆるんだ下腹部が焼きつく 諦めにも似た静かな眼差し
譲れないものを持つ唇 あごを上げたその横顔
うろたえの無いその微笑み 居心地の良い避難場所
全てを脱ぎ捨てる享楽な場所 そこには何かが宿っている
何であるかは判らないが 価値があるのか判らないが
とても優しく丁寧に 身体と心で応えてくれる
赤く塗られた短い爪の その手でコーヒーを入れてくれる

よじれ絡み付くシーツで首筋に 感じる汗をぬぐい捨てる
目を開けると、光りが飛び込むと 影が浮き立つと香りそびえ立つ
含んだタバコを差しだす君に 午前の光りの熱に苛立ちを
振り返る気力も失くした街で 僕に声をかけてくれたのに
うつ向く顔見て、そおっと働き 薪の無い暖炉の上の
子供の写真を後ろ手で 音を立てずにそっと倒す
交わし合った目で返す言葉で 今日は孤独から抜け出せる
時代遅れの指輪をした手で 僕の手をゆっくりと引いていく

戦場のこの街で唯一 神に放牧する事を許された
最も美しい狼達よ、女達よ どうぞ彼女達に昼の太陽を

行き交う人の少ないこの街は 夕陽の欠片で夜を告げる
主人からはぐれて彷徨う犬は 自由と不安に遠吠えする
エサを見つけたか走り出し ビルの影に僕を誘うのだ
薄暗いオレンジの灯の下に 金属音は注意を引く
街灯にもたれた一つの影の 視線がうつ向く、心に絡む
絡んだ、それで手繰られるように 彼女のほつれた髪に絡む
戦場の街で唯一 神に放牧する事を許された
最も美しい狼達よ、最も美しい彼女達よ

戦場のこの街で唯一 神に放牧する事を許された
最も美しい狼達よ、女達よ どうぞ彼女達に昼の太陽を
悲しみの後の伝説はいらない ただただ黙って膝を抱える男達に

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

TOKYO No.1 SOUL SETさん『ロマンティック伝説』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー