うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  島津亜矢さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      島津亜矢さんのCDへ   CD      島津亜矢さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 島津亜矢さん『赤城山』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
赤城山
作詞 野本高平 
作曲 村沢良介
島津亜矢
「幾百千里離れても、
俺の命を庇(かば)ってくれた、
赤城のお山と手前たちのこと、
忠治は生涯、忘れはしねえぞ。」

やむにやまれず 長脇差(ながどす)抜いた
俺を御用の 提灯(ひ)が囲む
これが運命(さだめ)か 裏街道
落ち目くだり目 涯(はて)ない首途(かどで)
さらば赤城山(あかぎ)の
さらば赤城山(あかぎ)の 月灯り

「関(かん)八州に身のおきどころ、
追われ追われて仮寝(かりね)の枕。
今日があっても、明日はねえンだ。
いいってことよ、泣くんじゃねぇ
あと振り返って背伸びをすりゃあ
赤城のお山は、拝(おが)めるんだ。」

義理の盃(さかずき) 男の意地も
勝てぬ浮世に 腹が立つ
どこへ飛ぶのか 雁の声
こんど逢う時(とき)ァ あの世じゃないか
風が身にしむ
風が身にしむ 秋しぐれ

「親子づれか、兄弟か。
??雁が鳴いて飛んでゆく。
やっぱりあいつも、
故郷(こきょう)の空が恋しいんだろうなあ。」

木綿(もめん)角帯(かくおび) 堅気(かたぎ)の姿
夢にまでみて 捨ててきた
どうせ戻れぬ 旅がらす
こころ故郷(こきょう)へ 草鞋(わらじ)は西へ
泣かぬ忠治の
泣かぬ忠治の 目に涙

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

島津亜矢さん『赤城山』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー