うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     銀河朗読団さんのCDへ   CD      銀河朗読団さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 銀河朗読団さん『Flow』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Flow
作詞 松井五郎 
作曲 maichi
銀河朗読団
下弦の月の なだらかな永遠と
ふれる指先の もどかしい感触
それは この世のすべての
証であるかのように
私を思い知らせる

流星の残した 一瞬の光跡と
ささやいた名前の あどけない響き
それは この世のすべての
絆であるかのように
私を思い知らせる

蝶の夢を見る人であろうと
人の夢を見る蝶であろうと
花に惑うことは変わらないなら
なにも惜しまずに ただ羽を広げよう

見送った季節の 鮮やかな後悔と
いつか失った言葉の 思いがけない輝き
それは この世のすべての
力であるかのように
私を思い知らせる

花の夢を見る人であろうと
人の夢を見る花であろうと
蝶を待つことは変わらないなら
なにも怖れずに ただ命を預けよう

それは はじまりで終わり
終わりからはじまる
そして はじまりも終わりも
告げられることはない

めぐり逢う前から
繋がっていることもあれば
握りしめた糸の先が
既に途切れていたりもする

心のあやふやな状態を
幸福と名付けても
とどめくおくことは
きっと難しい

しかし 孤独が時に
愛の別の呼び名であると知って
新しい未来へ
動き出せることもある

どんなに苦しくても
思いは流れる
どんなに悲しくても
思いは流れる

どんなにさみしくても
思いは流れる
どんなにせつなくても
思いは流れる

どうして私は生まれてきたのだろう
どうして私は生まれてきたのだろう
どうしてひとりで生まれてきたのだろう
どうしてひとりで生まれてきたのだろう

どうして

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

銀河朗読団さん『Flow』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー