うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     志方あきこさんのCDへ   CD      志方あきこさんの楽譜へ   楽譜  志方あきこさん『謳う丘〜Salavec rhaplanca.〜』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 志方あきこさん『謳う丘〜Salavec rhaplanca.〜』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
謳う丘〜Salavec rhaplanca.〜
作詞 土屋暁 
作曲 土屋暁
志方あきこ
pauwel sos khal waats melenas yor.
(大切な人を護る為の力)

salavec rhaplanca…

[1] jy ra cc ci ce je xa jy ra cc ci ce je xa rcc jy ra cc ar foul.
[2] Yee hhh re sss Yee ttt we sss vvi Yee hhh re ar foul ciel.
[3] Haaa tie yor ini en nha parge yor ar foul ciel.
[4] yyya jjje ZZZa ttte ggi
[5] ar foul ciel!

[1] Wee ki ra linen melifan heighte,
(語りましょう、戦争の歴史を)
[2] ya- ya- re cause dor, ya- ya- akate cyuie.
(呪われた地の 悲しい物語)

[1] garlden LELENTAS degle syunaht.
(レレンタスの町は何も残らなかった)
[2] stelled viega, clemezen dsier..
(奪い合う刃、狂った欲望…)

[1] den! Diviega gyenel swant der dilete,
(だが、偉大なる魔導士が 神の加護をもってこの地を救った)
[2] ya- ya- deleir saash, ya- ya- yassa ruinie jenge.
(災いの神 そして敵を壊滅)

[1] en prasrity skit flip sarrifis…
(そして神は、生け贄を捧げる事と引き替えに、繁栄を約束した)
[2] zwihander gat heighte en endia.
(呪われた戦争は勝利し終わらせた)

魔の神祀り栄(は)える 街の門の脇
歌姫と騎士の少年は 二人暮らしていた

幼き頃"独り"が "独り"と出逢いて
愛で合うも 契りの木の実を 姫は食べず謳う

「刻の歯車止めて 永久に二人過ごせたら…」
届かぬ 願いは 神の姫故

闇が地震う時 姫は曳かれ連れられた
結んだ手と手 剣に裂かれ
少年は唯一人 誓いと共に駆けゆく
wee yant gagis whai re sarrifis rhaplance…
enesse ridalnae tasyue ommis mea..ah- a-..
(何故ラプランカが生け贄なのか!?掛け替えのない、大切な人なのに…)
wee guwo gagis whai manafeeze ouwua walasya.
cause gauzewiga cupla ar mea!!
(世の中にはこんなにもたくさんの人がいるのに、何故!?)

[1] deleir saash.. Deleir saash.. Sarrifis melvaz rhaplanca…
(災いの神よ 災いの神よ 花嫁ラプランカを贄に捧げん)
[2] Was quel gagis gyusya ar ciel en jass pauwel etealune celetille dsier, echrra ee deleir saach !
(この地を支配する力を!永遠の力と富を!神よ!共鳴せよ!)

[1] engassya sarrifis gyengyat gool phiz gyajlee grandus nozess omnis ciel.
(生け贄をよこせ 飢えた肉体でむさぼり食う 罪人を護り 世界を潰す)
[2] Rrha quel gagis gyengyat melvaz prooth 1, en skit yehah 999 warasye hartes!
(1人「嫁」の血を啜りむさぼり喰らい賜え!!愛する999人の幸せを約束せよ!!)
[2] deleir saash nha tes here deleir saash nha tes here deleir saash nha tes here gyengyat her rhaplanca!
(魔神よ来たれや!魔神よ来たれや!魔神よ来たれや!ラプランカをむさぼり食え!)
[3] Rrha quel ga yehar spitze, wearequewie manafeeze melenas melvaz mea, tek kierre rhaplanca!
(ラプランカの自由を解放したい!お願いだ、生きていてくれ、僕の愛しい人よ! 今行く!ラプランカ!!)

jastil gigeadeth deleir saaah!!
(いくぞ!鋼鉄の魔神!)

[1] 贄たる嫁 全てを我に!叶わぬなら 血に災いを!
[2] 逃げよ姫! 光の袂(たもと)へ! 魔の神弑奉れや!
sos melenas 1 sos 999 sos yehah mea stelled yuez…
(一人の愛する人のために 999人のために 己が幸せのために 互いに奪い合う)

[1] 血濡れた街の民が栄える為に 姫に課し讀罪 解き放て!
[2] この地の穰り 数多の御魂(みたま) 定め破りて 呪われよ!
na faf, granme rhaplanca, stel spitze deleir saash.
(恐れるな、姫だけを想え 神の懐に飛び込め)
na faf, granme rhaplanca stel manaf deleir saash!!!
(恐れるな、姫だけを想え 神の心臓を貰け!!!)

savath saash prooth, yehar yasra quive.
(神の血がほとぼしる 訪れる優しい静寂)

「幾千の魂(たま)裂いて 万の剣(つるぎ)受けようと
構わない 君だけが せかいのすべて…」

贄の血啜(すす)る魔は 皆焼き尽くせばいい
唯(ただ)一羽の小鳥でも 少年には世界 そのもの

雫零(しずくこぼ)す姫を 抱きしめ瞼閉じる
ずっと共にいるからと 胸に誓いて
van kil walasye, van nozess ommis ciel, was yea ra wearequewie.
(人を殺めることになっても、世界中を敵に回すことになっても
それでラプランカが助かるのなら僕は逃わずそれをするよ)

[1] Wee ki ra linen melifan heighte,
(語りましょう、戦争の歴史を)
[2] ya- ya- re cause dor, ya- ya- akate cyuie.
(呪われた地の 悲しい物語)

[1] garlden LELENTAS degle syunaht.
(レレンタスの町は何も残らなかった)
[2] stelled viega, clemezen dsier..
(奪い合う刃、狂った欲望…)

[1] re degle art re crudea garlden.
(あの後、町は周りの町によって滅ぼされたのだ)
[2] nozess yura garlden, nozess wasara dol.
(町の力のバランスが崩れた、豊かな大地も失った)

[1]"1 en 999 stelled"linen.
(これが「1人と999人の戦争」と伝えられる話の全てなのである)
[2] akata stelled neen zetsfy
(あまりに残酷すぎる戦争の話なのである)

enne yehah yor melenas.

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

志方あきこさん『謳う丘〜Salavec rhaplanca.〜』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 志方あきこさん『謳う丘〜Salavec rhaplanca.〜』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー