うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     宇宙戦隊NOIZさんのCDへ   CD      宇宙戦隊NOIZさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 宇宙戦隊NOIZさん『ロスト』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ロスト
作詞 MASATO 
作曲 MASATO
宇宙戦隊NOIZ
先頭に見える銃が打ち抜く もう何もかもが見えなくなって
潰れた目でかすかに感じる光 それは醜い我が身照らす明かり
落ちて砕けた現実のシーン 僅かに感じられたぬくもりは今
徐々に冷めていく 戻れない生きていた時代

美しい毎日が自分に語る

彩られた情景は霞だまま 妙に赤い空だけが 未だ
脳裏に焼きついてしまったから 雨が降った事に気付かなかった
口にするには陳腐過ぎた ずっと行きたい場所があった
誰も知らない 見えない あの場所へ あの場所へ

ガレキの下で笑っていたんだ ただ一人で命の意味を知り
叫んで、叫んで、言葉を無くした
手探りで触って抱いてみる 体の傷の代わりは居なくて
ずっと生まれた時から孤独だった 残酷の意味が知りたかった
ここにいる事が不自然だった

濡れた服が重くて歩けない 元から動かない足が 輪をかけて
更に負担になり 腐っていく、腐っていく この身も記憶も
さっき見た夕暮れは気のせいだった 潰された両目に被る血液
だけど、それはとても汚れた 赤い血の涙

気付いているんだ望まれていない 姿をして生まれた孤独さを
嘆いて、嘆いて、光を閉ざした

手探りで触って抱いてみる 体の傷の代わりは居なくて
ずっと生まれた時から孤独だった 残酷の意味が知りたかった
ここにいる事が不自然だった

数え切れない注射の痕跡 打ち込まれる革命の数字
性衝動と拒絶の中で 破壊働哭降り注ぐ雨
あのクツの音が聞こえるから 息絶えたフリでじっとしている
まだ、見えない、憧れた場所が

手探りで触って抱いてみる 体の傷の代わりは居なくて
ずっと生まれた時から孤独だった 残酷の意味が知りたかった
ここにいる事が不自然だった

先頭に見える銃が打ち抜く もう何もかもが見えなくなって
潰れた目でかすかに感じる光 それは醜い我が身照らす明かり

夜が明けるまで弄ばれ 終わりが無いけどもう少しで
憧れた場所へ行けそうです

だから朝が来る事を拒否したけど 朦朧としたまま気付いたんだ
ここに居る事は必然だった

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

宇宙戦隊NOIZさん『ロスト』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー