うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     0 SOUL 7さんのCDへ   CD      0 SOUL 7さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 0 SOUL 7さん『東京元年』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
東京元年
作詞 0 SOUL 7 
作曲 0 SOUL 7
0 SOUL 7
出会いは次第に人を囲み 芽生えた優しさで仲間を守る
でも月日は足早に過ぎ 流されそうになるけど

飾った爽やかな自分の裏に 潜んだ窮屈なオレがイラ立ち
売っちまいそうな魂が焦る まだセーフ でも不安な雁字搦め
山場越えれば、、、と甘い答えはねじ伏せられんだ 東京の空の下じゃ
でも言える 人の支えに生かされてる それが人生の要

傷付き 傷つける事を繰り返し わずかな成長を積み上げ出た日の目
なのに取り除かれる事ない 不安にさらに不安を重ねていく
生きてる現実の自分さえも わからずたまらず ここを逃げ出す
でも うずくまったまんまの背中をたたいてくれる 家族の笑顔

踏み込んだ足は強く まだ遠い地平線 過去を映す雲の隙間を駆け抜ける太陽
お前が言うならオレは行けるどこまでだって そんな奴等と行ける気がする 出会いは道標

東京元年から意地張った一人相撲 敵に見えたどいつもこいつも
都合よく流されては途方に暮れ「つれぇ」でも我慢してた
ずっと引きずっている過去を恨み ひでぇ暮らしに捨てそうな夢はゆらぎ
それでも諦めきれぬオレがいた 貫く覚悟を決めた時だった

不安を涙で洗い流そうと もがき苦しんできた5年間
自分の全てで頼っていいんだって ぬくもりで俺を支えてくれた
「苦しいよ」って差し伸べた手を 厳しくも優しく包んでくれた
「これがお前」という言葉 今の俺に自信を植えた

踏み込んだ足は強く まだ遠い地平線 過去を映す雲の隙間を駆け抜ける太陽
お前か言うならオレは行けるどこまでだって そんな奴等と行ける気がする 出会いは道標

リリース決まった日に報告 添えた感謝の意思
「あんた、がんばったんだね」に急にあふれ出る涙にこらえ
オレ初めて言えた「今までごめん、ありがとう」きっと心配は続く明日も
強く言い張る言葉に似合っていたい 頑張ろうと電話の声に誓う

踏み込んだ足は強く まだ遠い地平線 過去を映す雲の隙間を駆け抜ける太陽
お前か言うならオレは行けるどこまでだって そんな奴等と行ける気がする 出会いは道標

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

0 SOUL 7さん『東京元年』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー