うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  JAYWALKさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      JAYWALKさんのCDへ   CD      JAYWALKさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check JAYWALKさん『200X年・・・公園』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
200X年・・・公園
作詞 知久光康 
作曲 杉田裕
JAYWALK
2千何年かの 晴れた日曜の午後
誰もいない小さな公園に 俺はいる

ベンチに腰を下ろせば あの日の事がよみがえる
若い恋の終わりの ちぎれた言葉のかけら

あの頃話した未来に 君はたどり着けたのか
目の前の恋人より まだ見えない
未来を見てた俺

「忘れないよ」って言ったね 慰めにもならないね
涙が乾いた砂に落ちて とりとめもない未来に
それぞれの夢が揺れた 季節の終わりにいた俺達

待ち合わせならここより いいところ
あの頃でも あったと思うけど
このベンチが懐かしい

あの地下鉄の工事も いつの間にか
かたづいて 様になったこの街を
きっと君も知ってるね

小さな国の小さな街 でももう会わないだろう
もし気づかない俺を 見てるなら
出来るなら微笑んで

君は 「待ってる」って言ったね 「5年でも10年でも」
こんなにすぐだなんて思えなかった
とりとめもない未来に たどり着いて思い出す
季節の終わりにいた俺達

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

JAYWALKさん『200X年・・・公園』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー