うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     レミオロメンさんのCDへ   CD      レミオロメンさんの楽譜へ   楽譜  レミオロメンさん『星取り』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check レミオロメンさん『星取り』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
星取り
作詞 藤巻亮太 
作曲 藤巻亮太
レミオロメン
眩しい光に覆いかぶさった 時計の針で編んだハンカチで
心色とりどりの感情が溢れ出して 夜風をさまようの

手のひらほどの月が見えた あの夏の景色 重なった
だから些細な夢を見たの あなたの笑顔に包まれた

会いたくて 花火の夜空に探した輝き眩しすぎて
私にはあける勇気もないままに 瞳から涙ぽつりとこぼれた

欲望 それはひとつの海の色 ゆらり揺られた小舟頼りなく
心ない言葉や感情の裏返しが 漏れだしてしまったの

手のひらほどの愛が欲しい せめて心に触れるほどの
そしたら呼吸が始まって 時計の針が動き出すの

夜明けには金星がひとつ 東の太陽を睨みつけて
消えそうな私の心張りつめて 瞳から涙 延々こぼれた

あの夏の日よ 帰れない祭りの日よ
夢は路地裏 風は夜を連れてきた
私は大切な何かを守る事 それを捨てる事
迫られた日々さえ懐かしく
思い出になってしまった

会いたくて 花火の夜空に探した輝き眩しすぎて
私にはあける勇気もないままに 瞳から涙 延々こぼれた
花火のいない空 秋風が吹いた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

レミオロメンさん『星取り』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで レミオロメンさん『星取り』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー