うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     MO'SOME TONEBENDERさんのCDへ   CD      MO'SOME TONEBENDERさんの楽譜へ   楽譜  MO'SOME TONEBENDERさん『流星群』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check MO'SOME TONEBENDERさん『流星群』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
流星群
作詞 kazuhiro momo 
作曲 yasunori takei
MO'SOME TONEBENDER
スクリーンの奥に突っ立って 所在無さげに佇んでいる
ありがちな物語のエキストラみたいに
なんにも知らされず 行き先さえ与えられないまま
世界に置いてけぼりくらいそうな夜

そんな夜は家を抜け出して 仲間を集めて走った
朝日が見えそうな高いところまで
意味なんかないモノに 意味を見つけてやろうと
アスファルトを蹴り付けて

さぁ名も知らぬ道を行こう 何も持たず 何も捨てず このままで
またきっと見つけ出すだろう 雨が降ろうが 風が吹こうが
もう一度笑い飛ばして

ナントカっていう流星群が地球に近づいたある夏の夜
展望台にのぼったオレ達は何度も空を指差して
途中でバカらしくなってやめた
沈黙が嫌いなヤツが言った「オレらに名前を付けようぜ」って
いかにもありがちな提案に
「屍」と呟いて自虐的に笑ったオマエは今どこにいる?

さぁ名も知らぬ道を行こう 何も持たず 何も捨てず このままで
またきっと見つけ出すだろう 雨が降ろうが 風が吹こうが
もう一度笑い飛ばして

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

MO'SOME TONEBENDERさん『流星群』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで MO'SOME TONEBENDERさん『流星群』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー