うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     GRAPEVINEさんのCDへ   CD      GRAPEVINEさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check GRAPEVINEさん『鏡』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:3回 リリース日:2008年6月18日
作詞 田中和将 
作曲 田中和将
GRAPEVINE
薄皮のように斜交い模様に
剥いで繋いで
押し花のように染み込ませる
全ての頁に

夏が来て窓に降りそそぐ

誰にも言えずに触れずに
尖った自意識を
描き出すフレーズにぶれずに
鏡に映して
変わってゆく身を綴る

皮膚の下には微かな流れ
引いて寄せる
もうあとどのくらいこうしていられるかわかってる
飽きが来て戸を開け放つ時

誰にも言えずに触れずに
穿った美意識を
何にも見えずに聞こえずに
闇の音を聴く
掻き出すフレーズに狂えずに
尖った自意識を
描くイメージを掬えずに
鏡に映して僅かな頁を繰(く)って
この日々にキスを贈る

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

GRAPEVINEさん『鏡』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー