うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     SPLAYさんのCDへ   CD      SPLAYさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check SPLAYさん『冬の空』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
冬の空
作詞 向井隆昭 
作曲 向井隆昭
SPLAY
出逢わなければ 意味の無いことを考えた
冬の空が高すぎて悲しくて 押しつぶされそうで
きみの鼻歌 思い出しては口ずさむ
優しい声 柔らかな唇をそっと震わせていた

全てを投げ出したっていいよ
そう思えることが全てだった
痛みを抱えて踊り続ける日々を選んだ

この恋は胸にしまっておく
あの朝に溢れたきみの涙が
まだ ぼくの心を締め付けるんだ
だから記憶の中に そっと沈めていよう

星がいつもふたりの空には有ったから
青い光照らされて 迷う事無く此処まで来た

運命のせいにしたりしても
ぼくはすぐに泣き出してしまうんだ
こんなにも自分の中に涙が有ったなんて 知らなかったよ

この恋が途切れた瞬間の
あの音を聴こえない振りをした
触れた手に いつかの面影を
探してみても そう虚しくなるだけで

この恋は胸にしまっておく
あの朝に溢れたきみの涙が
まだ ぼくの心を締め付けるんだ
だから記憶の中に そっと沈めていよう

夜が来て朝が来るように
冬が去り春が訪れるように
またぼくも恋に堕ちるだろう
きみの知らない輝きの中で
また同じように冬の空を見上げるのだから

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

SPLAYさん『冬の空』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー