うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     楠トシエさんのCDへ   CD      楠トシエさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 楠トシエさん『石松金毘羅道中』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
石松金毘羅道中
作詞 秩父重剛 
作曲 土橋啓二
楠トシエ
旅は鼻うた 青い空 森の石松はるばると
金毘羅代参 無事にすみ やれうれしやと 手に持った
茶わんに とろりと 酒の色 待てば 海路の 日和かな
石「飲みねえ、飲みねえ、寿司くいねえ、もっとこっちへ寄んねえ、江戸っ子だってねえ」
客「神田の生れよ」
石「そそうだってねえ、へエー、次郎長っていうのはそんなにえれえのか」
客「えれえのかなんてえのは、あんなもんじゃねえネエー、お前さんいっとく
けどね、次郎長ばかりがえれえんじゃないぜ、清水の二十八人衆というネ、いい子分がいるからだぜ」
西に夕日の 茜雲風がなぜやら身にしみる
清水 二十と八人衆 その どこいらに おれの名が
入っているかと 気もそぞろ 森の石松 愛嬌者
石「ところで、その次郎長の子分の中で、一番強いのは、いったいどこの誰れだ」
客「ウン一番強いのは…あっ、いました、いました、遠州森の生れだ、石松ってえんだが、こいつが一番強いや」
石「ハハ…嬉しいことをいうじゃないか、お前さん飲みねえ、飲みねえ、寿司くいねえ、もっとこっちえ寄んねえ、江戸っ子だってねえ」
客「神田の生れよ」
石「そそうだったねえ、ところで石松ってえのは、そんなに強いのか」
客「強いのなんのって、滅法強いんだが、あいつはどうも人間がバカだからねえ」
うまく話を 持ちこんだ 石松とたんに ああ 苦い顔
愚痴をいう気は ないけれど 寿司やら 酒やら ふるまって
ばかといわれちゃ 世話がない ばかは死ななきゃ なおらない

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

楠トシエさん『石松金毘羅道中』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー