うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  V6さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      V6さんのCDへ   CD      V6さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check V6さん『ハジマリ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ハジマリ
作詞 Tomotaka Osumi 
作曲 Tomotaka Osumi
V6
朝もやにけむった 駅のホーム
行き交う人の群れ 騒がしくて
はずむ吐息はもう 白くなって
やがて来る季節の 色に染まる

ベンチに腰掛けて 始発を待つ
僕らは少しだけ 寝ぼけながら
やがて来るその時 忘れるよう
くだらない会話を 続けていた

いつだって僕らは あてのないユメばかり追いかけて
夢中で駆け抜けた 恐れるものなんてなかったんだ

ずっと先になって 遠い昔を思い出すように
「あの頃はよかった」そんなことを語り合うのかな

電車がやってきた 5分遅れ
踏み出すその足は どこか重く
でも変わらず僕ら 笑顔のまま
「またね」とそう言って 別れ告げた

人生の門出を 祝うように
電車は走り出す 夢を乗せて
いつかまた会えると そう信じて
僕らはいつまでも 手を振ったよ
こぼれ落ちる涙 止められずに
僕らはいつまでも 手を振ったよ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

V6さん『ハジマリ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー