うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  筋肉少女帯さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      筋肉少女帯さんのCDへ   CD      筋肉少女帯さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 筋肉少女帯さん『詩人オウムの世界』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
詩人オウムの世界
作詞 大槻ケンヂ 
作曲 橘高文彦
筋肉少女帯
「昔、昔のお話しです」
詩人の男は世界を憎んで 森の奥に住む
若くして死んだ娘のために 詩をつづった
その言葉は風にのって 森をぬけて
街にふって 蝶の群れとなり
蝶々の群れは ムラサキの色に空をおおった
ムラサキの色に触れた者は みな気がふれてしまった

おびえる者たちは 詩人を追った
森をぬけて詩人は海へ ボートに乗って
オーム(オーム、オーム、オーム)×2
私は眉を剃って オーム(オーム、オーム、オーム)×2
新月の夜を休まず オーム(オーム、オーム、オーム)×2
詩をつづろう オーム(オーム、オーム、オーム)×2
世界を憎む詩を

「詩人はとある小島に 流れ着いた
犬と猫とコウモリとピエロが 彼を迎えた
私はこの世の全てを憎む 憎んでも 憎んでも
まだ余るこの世の全てを 言葉で燃やし尽くしてみせよう
力を貸してくれ だがおびえたピエロの密告で
詩人は警官隊の 銃弾に倒れた
その夜 犬はワンワンと吠え 猫はニャーニャーと鳴き
そしてコウモリは黙して 語ることがなかったのであった」

でも言葉だけは 風にのって
いくつもの街を越えて 蝶の群れとなり
オーム(オーム、オーム、オーム)×2
詩人の屍は オーム(オーム、オーム、オーム)×2
海を越え 北の国へ オーム(オーム、オーム、オーム)×2
その国の魚師によって オーム(オーム、オーム、オーム)×2
手厚く葬られたと言う

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

筋肉少女帯さん『詩人オウムの世界』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー