うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ランクヘッドさんのCDへ   CD      ランクヘッドさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check ランクヘッドさん『夏の匂い』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夏の匂い
作詞 小高芳太朗 
作曲 小高芳太朗
ランクヘッド
近づく街の光映した二両電車の窓
カナカナが鳴いてた
いつもと同じ夏の匂いがした

慣れてきた都会の改札抜けて
大きな駅で新幹線に乗った
買っておいた小説は飽きてしまったから
しばらく眠ろう

君の髪はもう随分伸びてしまったかな
それともちっとも変わっていないのかな
なんだかなんだか胸が高鳴る
街はもうそこまで

君の髪の端が西陽に透けて光るのが綺麗で
まだもう少しだけ、夜よ来ないで
あの日そう思った

誰もが子供だと笑うけれど
夢の見過ぎだと笑うけれど
それなら僕らは子供のままで
夢を見ていたいよ

近づく街の光の中で
君が待っているから
お願いもう少しだけ
時よ、僕らを大人にしないで

二人で生きていく
ただそれだけで僕ら強くなれた
カナカナが鳴いてた
あの日も同じ夏の匂いがしてた

もうすぐ君に会える
光の中で君が待っているから
だからお願い、もう少しだけ
早く、急いで 僕らの街まで

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ランクヘッドさん『夏の匂い』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー