うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  GOING UNDER GROUNDさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      GOING UNDER GROUNDさんのCDへ   CD      GOING UNDER GROUNDさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check GOING UNDER GROUNDさん『口笛どろぼう』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
口笛どろぼう
作詞 松本素生 
作曲 松本素生
GOING UNDER GROUND
黄昏迫る都市 焼かれた影ぼうし
盗み出せたものは 君が吹いた口笛だけ

もう気付いてるだろ あと少しで僕と君の夏が終わる
今二人乗りで見てる景色も 季節というシャツをはおる

僕のうしろで下手な口笛
僕も少しふざけて吹いてみる
小さな腕が背中をたたく
向かい風に消える声

ありのままを抱きしめたら ありふれた言葉で泣いた
重ねた手の温かさの中で
傷つく度作り出して 置き場所さえ無い神様
その全部を風の中に放つ

長い雨の後の水溜まりに
映り込んだ虹を見ていた
ふと水の中の君を見たら
目と目が合ってしまった午後

いま、体全部で受け止めるよ
君が隠した日々の事も

止まれない程スピード上げる
軋むペダルの音もメロディーに
命を燃やし 僕らはゆける
向かい風を受けながら

ありのままで抱きしめたら ありふれた言葉で泣いた
重ねた手の暖かさの中で
ペダルこぐ度こぼれ落ちた 涙は道しるべなんだ
アスファルトにすれるタイヤの音色
ありのままで生きていくんだよ 少し怖いけれど僕らは
飾らなくともまぶしい程光る

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

GOING UNDER GROUNDさん『口笛どろぼう』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー