うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     ACIDMANさんのCDへ   CD      ACIDMANさんの楽譜へ   楽譜  ACIDMANさん『夏の余韻』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check ACIDMANさん『夏の余韻』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夏の余韻
作詞 大木伸夫 
作曲 ACIDMAN
ACIDMAN
いつの間にか忘れていた 夏の海は眩し過ぎて
振り返れば 崩れそうで 手を伸ばせばこぼれそうで

桐一葉の落ちる音に カゲロウも耳を澄ませば
駆けてゆく森の中で 思いが又一つ灯った

月明かり乗せて昇る陽の先に
今でも遠く響く
祭囃子はらせんを描いて
次の朝へそっと消えた

いつの頃か追いかけていた 果てる星を追いかけていた
振り返れば戻れそうで 手を伸ばせば届きそうで

霧の奥の帰らぬ場所 又全てが始まってゆく

探していたのは貴方の声 描いていたのは貴方の為
静かに開いた世界の先へ思いが此処で又一つ灯った

月明かり乗せて昇る陽の先に
今でも遠く響く
祭囃子はらせんを描いて
次の朝へそっと消え

夏の終わりの幾つもの余韻追いかけてゆく程に
祭囃子はらせんを描いて
次の朝へそっと消え

月明かり乗せて昇る陽の先に
今でも遠く遠く響く

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ACIDMANさん『夏の余韻』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで ACIDMANさん『夏の余韻』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー