うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     森山直太朗さんのCDへ   CD      森山直太朗さんの楽譜へ   楽譜  森山直太朗さん『陽は西から昇る』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 森山直太朗さん『陽は西から昇る』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
陽は西から昇る
作詞 森山直太朗/御徒町凧 
作曲 森山直太朗
森山直太朗
暗闇にぶらさがった 星が流れる夜
窓を開けて 風を舐めて 月明かり浴びて

徒らに解き放った コトバ達の群れが
後に引けず あてもなく 泣く泣く彷徨ってる

例えば僕は何処まで 生きて行けるだろう
音も立てず 影も見せず 何も残さず

揺らめく街の光は まるでさざ波のように
時と共に朝の中へ

そしてまた陽は西から昇る 誰にも気づかれぬように
僕はただ呟くだけ あの日の愛を

君が涙を流した時に 実は気づかないフリをしていた
これ以上君を傷つけることになるから
心の隙間を埋めるように まだ見ぬ明日へ導くように
眩しすぎる光の中、今

そしてまた
こうしてる間に陽は西から昇る すべてをあざ笑うように
僕はただ呟くだけ あの日の愛を

そしてまた陽は西から昇る 誰にも気づかれぬように
僕はただ呟くだけ 今日の日の愛を

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

森山直太朗さん『陽は西から昇る』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 森山直太朗さん『陽は西から昇る』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー