うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  See-Sawさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      See-SawさんのCDへ   CD      See-Sawさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check See-Sawさん『夏の手紙』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夏の手紙
作詞 石川千亜紀 
作曲 梶浦由記
See-Saw
いつまでも いつまでも座り込んで
川せみを静かに聞いてました

小石拾い上げて 投げたら思いもかけず
大きな音しました

襟あしが 夏の匂いに小さく
漂って そして脈うつのです

無言の時計と 暗くなるのを待つのです
その全ては はかないです

あれから一年が過ぎ どうやら一人きりです
愛していたのかしらと 愛しすぎたかしらと
胸の中にしまってた 宛名のない手紙を
河の流れよ 今は受け取って下さい

夕映えが 熱いからだをそのまま
河の中に 投げ出して冷やして

一人づくしの夏 思いもかけず横顔を
ふいに見せに来るのです

あれから冬が過ぎ去り そして春を越えました
愛していたのだろうと 愛は流れていくと
夏の手紙に託して 振り返ることもせずに
河は何も知らずに 乗せて行くようです

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

See-Sawさん『夏の手紙』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー