うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     清家千晶さんのCDへ   CD      清家千晶さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 清家千晶さん『花唄-ハナウタ-』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
花唄-ハナウタ-
作詞 清家千晶 
作曲 清家千晶
清家千晶
それは もう 月の色に濁る
心みたいなもの
それは もう 右眼にだけ落ちる
涙みたいなもの

こんな類の 寂しさは
決して君には 分からないでしょう
迷わずに立つ そんな君は
決して 知ることはないでしょう

やわらかい花の様に いつか
歌えるの 歌えるの
それでも 私は君を 思わずには
歌えない…。

一人で見つけ出した光
誰にも 渡せず
どうにか 時間 やり過ごして
消せない美しさ

そんな君の 純真さを
いつも目の当たりにして
私の本物の貧しさだけは
上手く隠せるように

只 紅く 染まる傷も いつか
笑える 笑えるの
その髪、その声、その残酷さも
失えるの…。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

清家千晶さん『花唄-ハナウタ-』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー