うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  トーマさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      トーマさんのCDへ   CD      トーマさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check トーマさん『潜水艦トロイメライ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
潜水艦トロイメライ
作詞 トーマ 
作曲 トーマ
トーマ
深度、段違いに潜りきった地図にない底に
コーデュロイの海月、無色透明の寄生魚
気体バルーン纏った潜水艦、進め
サーチライト照らせ照らせ 岩窟の深奥層

昼も夜も鉄の中の闇夜 パイプ管の振動
唯一の手記だけを頼りに沈もう
使い古された合図なんて必要ない
重油の匂いに塗れ降下を乱すな

水圧も静寂も目下アンダーゴウ
さあ文明に隠された真実論争
眼前の浩々たる海底都市を…

そこに愛はあった?誓いはあった?
どこかで報われた?
日照りも、夜空も、生命も、
吸い取られた歴史の傷跡
明日があって、家庭があって、未来に包まれて
もうそんな音もすっかり止んだ
水で満ちても、深い水底で虹は架からないの

栄光の対価 禁制文明 落下
行き過ぎた動力源の濫用 暴走脱法
幻想の買い手 権力者逃げ去って
黒い塊は空白に成り済ました

幸せそうなネガフィルムの目
指輪と髪飾り 安息の地
終幕を綴ったタイプライター
鳴らなくなった枯淡の鐘

蒙昧な生活も紺碧に染まった
潜望鏡で見やった生態の退化
人は何処へ行ってしまったのだろう

「帰りを待ったどんな言葉も
母も子も夢も、愛の蜃気楼
明日を見せてと祈りました」
朽ちた木の壁に彫り刻まれた
諦めきれない最後の叫び
「向こうで先に待っています」

でも命はあった
崩れた街は眩しく包まれた
瓦礫や緑の家から
夜光虫たちが溢れて弾けた
儚く散った 麗らかだった
すべてを確かめた
想像を超えた、時代を超えた
幾万里深い底に残された想いは
仄かな声を上げた
そして、また、長く眠ってしまう

栄光の対価 禁制文明 落下
行き過ぎた動力源の濫用 暴走脱法
幻想の買い手 権力者逃げ去って
黒い塊は空白に成り済ました

海面に帰った潜水艦は嘆いた
消された文明は確かにそこに在った
始まりのようで終わるような海だ
そして誰からも愛されなくなった街だ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

トーマさん『潜水艦トロイメライ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー