うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     HOLSTEINさんのCDへ   CD      HOLSTEINさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check HOLSTEINさん『teleology』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
teleology
作詞 HOLSTEIN 
作曲 HOLSTEIN
HOLSTEIN
Dragging my feet
I wondered around the cobalt blue town
The time that strikes eleven twenty-one
Shadows rushes home
The orange town lights rise sparsely
Like a firefly, countless, dots
Palely float around through the empty air
The some view seems wanting
A piece of some yesterday's hazy dream
Reality in front of my eyes
As if held softly with hands
As if swallowed into the gloom

Becoming relieved and
Being despaired and assault one another
Melt slowly, quietly flows away
Just leaving self, nowhere to go
Just like a small creature wriggling

Inside my heart
White cold wind blows in
With cold hands forever Clad in memories
Carries loads of miseries
Inside the chaos

My feet tighten by the warmth left there
Can't hold courage to turn back
I just wanted to ran away from here
The last train I jumped on a alone

Dull colored glass balls
Spangled in the galaxy
Rail way goes forever
Along the left shore
The train slides silently
Sometimes seeing shadows of the layovers
Carrying another load
Dropping in station
And creaks it's old body sometimes

The fuel running out is the only help
The train heads to the end
And rotates the rusty wheels

The rigid starlight cut away through the window
The headlight tearing up the dark
The glowing future? Their own wishes?
The earnest desire

Noble life, the collapse of selfhood
Precious thing, thousands of years
Harmony, indulgence, forfeit
Consciousness, creation

Giving by losing, Loads of words smile and warmth
Needless identity
Appreciation that can't be told
And can't make up the errors
Tunnel goes ahead
Where the east sky is beginning to get white

The weak eyes faintly on the window
The parted past and pride that's getting far

履きかけの靴を引きずって
コバルト色の街を彷徨った
11時21分を刻む針
家路を急ぐ影
オレンジ色の灯りがまばらに浮かび上がり
まるで蛍みたいな無数の点々が
夜空に青白く舞い上がり
見慣れた風景はどこか物足りなくて

昨日見た朧げな夢の欠片も
眼前の現実も
両の手でそっと包まれるかの様に
得体の知れない闇にただただ飲み込まれてゆくかの様に
安堵と絶望となってせめぎ合い
ゆっくりと溶け合い流れ出してゆく
行く当ても無くただ流れに身を任せる
ちっぽけな生き物の様に

心の中に
白く凍てつく風が吹き荒び
冷たいままの両の手で
混沌の中・・・
汚してしまった思い出を身に纏い
惨めさを一杯に背負い込んだ

そこかしこに残る温もりに両足は締め付けられ
引き返す勇気も持てずに
ただここから逃げ出したくて
一人飛び乗った終列車

鈍色の硝子玉が散りばめられた水銀の河
左岸を沿うように鉄道線路が続いていく
その上を音も立てずに列車は滑ってゆく
途中下車する影を見送り
新たに積荷を抱え
いくつもの停車場に立ち寄り
時に車体を軋ませながら
尽きかけの燃料を頼りに
列車は終着駅を目指して古びた車輪を回転させる

車窓に切り取られた窮屈そうな星屑
光り輝く未来?
それぞれの夢?
切なる願い?
尊き生命体
自我の崩壊
大切なもの
幾千のとき
調和 迎合 喪失 創造

失うことで与えられたモノ
たくさんの言葉 微笑 温もり
不必要な自尊心
言い尽くせぬ感謝と償いきれぬ過ち
トンネルを抜けた先は白み始めた東の空

窓に映る力なき瞳
次第に遠ざかる決別した過去 自尊心

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

HOLSTEINさん『teleology』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー