うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     角松敏生さんのCDへ   CD      角松敏生さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 角松敏生さん『DISTANCE』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
DISTANCE
作詞 角松敏生 
作曲 角松敏生
角松敏生
遠く離れて暮らすことが 愛を変えると言った
あの日の君の涙が もう昨日の事のように想う
ただ幾度かの電話だけがつなぎとめる
たった一つの愛の糸を 紡いでいた
君は今でも愛してくれるだろうか
こんなにも長い時を越えて 僕は今君への
扉を叩くために 夜の翼にのる

夢につかれた日々が 僕に教えてくれた事は
ときめき分ちあえる人が いなければ全てが
ただの幻
遠い電話の声に心伝えられず
眠れぬ夜を二人 過ごしてきたけれど
懐かしいその手に 触れられたならそれだけで
もう何もいらない
時の運命を二人で確かめよう
これからずっと 君を一人にはさせない

街灯かりが見えたら すぐにも会いに行こう
そして最初に何を伝えられるだろうか
Gateを駆け抜け 手を振る君を見つけたら
何もかも忘れて
見つめる瞳と蘇える優しさに
言葉を失うほど 君を愛してる

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

角松敏生さん『DISTANCE』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー