うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     楠瀬誠志郎さんのCDへ   CD      楠瀬誠志郎さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 楠瀬誠志郎さん『季節がとうりすぎても』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
季節がとうりすぎても
作詞 風堂美起 
作曲 楠瀬誠志郎
楠瀬誠志郎
もしもときめき変っても
君だけ見ているよ
どんな時だって

もしも二人が迷っても
君だけ信じるよ
はじめてのように

菜の花の道を
むじゃきにかけだす
ああ きれいだったよね

季節がとうりすぎても
風だけが止まっても
手をかさねた あの時を
思い出しながら

もしも昨日はちがっても
君だけさがしてた
ほおづえのままで

ブランコ揺らして
雲を見送って
ああ 夢中だったよね

時が背中つついても
空は夜に移っても
涙あふれそうな時
そこに君がいる

言いたいこと
伝えたいこと
見つめているだけで
Um…わかること

手をふった丘に
光がこぼれて
ああ まぶしかったよね

季節がとうりすぎても
風だけが止まっても
手をかさねた あの時を
思い出しながら

時が背中つついても
空は夜に移っても
涙あふれそうな時
そこに君がいる

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

楠瀬誠志郎さん『季節がとうりすぎても』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー