うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  吉岡秀隆さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      吉岡秀隆さんのCDへ   CD      吉岡秀隆さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 吉岡秀隆さん『月』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
作詞 吉岡秀隆 
作曲 吉岡秀隆
吉岡秀隆
だから僕は誰も信じられずに
車を飛ばし夜の街を抜けて
思い出していたのさ幼い頃のことを
いつからだろう孤独を知り生きることの意味を一つ一つ
砂を噛むように届かぬ思いで過ごすようになってしまったのは

闇夜を切り裂くあの月のように
あこがれにこの身を削りながら
もうすぐもうすぐと届かぬ夜空につぶやいてる

だから世の中に出るのが恐くなって
陽のあたらぬ部屋でうずくまってる
手にしたものがそれほどでもないことに気づいて
もう一度始めから歩きだそうとすべてを捨てても
こみ上げてくる不安と絶望はつきまとってくるものだから

闇夜を切り裂くあの月のように
何もかも受け止める光が欲しい
疲れにむくんだ僕の顔を照らし続けてよ

だから人の愛を求めるようになり
涙の訳も聞かずそばにいてほしい
生まれ育った街で笑われ続ける僕でも
君がそっとつぶやいた生きることは何だか寂しいんだと
それでもいい殴られても必ず起き上がれるものならば

闇夜を切り裂くあの月のように
一人きりでも優しく照らし続けたい
誰もが皆寂しさにうちふるえる前に

闇夜を切り裂くあの月のように
あこがれにこの身を削りながら
もうすぐもうすぐと夜空に向かって叫んでいる
もうすぐもうすぐと夜空に向かって叫んでいる

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

吉岡秀隆さん『月』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー