うたまっぷトップへ         
    演歌                             <<<検索画面に戻る
  曲名   歌手 作詞 作曲 歌いだし タイアップ情報 CD
ひばりのマドロスさん キム・ヨンジャ 石本美由起 上原げんと 船のランプを 淋しく濡らし -
リンゴ追分 キム・ヨンジャ 小沢不二夫 米山正夫 リンゴの花びらが 風に散ったよな -
越後獅子の唄 キム・ヨンジャ 西條八十 万城目正 笛にうかれて 逆立ちすれば -
裏町酒場 キム・ヨンジャ さいとう大三 竜鉄也 雨にぬれてる 赤い灯が -
津軽のふるさと キム・ヨンジャ 米山正夫 米山正夫 りんごのふるさとは -
お祭りマンボ キム・ヨンジャ 原六朗 原六朗 私のとなりのおじさんは -
竜虎伝 和田青児 仁井谷俊也 水森英夫 虎は千里の 道をゆく -
俺たち 和田青児 星つかさ 星つかさ 俺とお前と昔のように -
女人荒野 石川さゆり 喜多條忠 杉本眞人 だって なにが哀しいかって 言ってもさ -
ふられ酒 石川さゆり/すぎもとまさと 喜多條忠 杉本眞人 ねえ どうしたの 久しぶりだね -
男のコップ酒 増位山太志郎 松井由利夫 岡千秋 逢えてよかった お前に逢えて -
故郷(ふるさと)ごころ 増位山太志郎 建石一 岡千秋 祭り囃子の 笛の音 -
東京紙芝居 竹島宏 麻こよみ 幸耕平 開店前に 吸うタバコ -
あなたの唇 竹島宏 麻こよみ 幸耕平 あなたに気のない ふりをして -
まさかの坂 紅晴美 紅晴美 紅晴美 坂にもいろいろあるけれど -
波止場という名の酒場 三山ひろし 千葉幸雄 中村典正 港に帰る 船よりも -
春恋のれん 三山ひろし 千葉幸雄 中村典正 花も遅咲き 北国だから -
あんた 紅晴美 紅晴美 紅晴美 なんでこんな女と いるのかと -
祝歌 紅晴美 作田博 紅晴美 おぼろ月 水面にうつす 影うれし -
じゃんがら恋唄 紅晴美 紅晴美 紅晴美 私の生まれた町は ハーモニカ長屋で -
涙の岬 紅晴美 紅晴美 紅晴美 岬おろしの しぶきがおどる 北の岬は 涙も凍る -
四万十川 三山ひろし 千葉幸雄 中村典正 いまは大河(たいが)の 四万十川(しまんと)だけど -
ちぎれ雲 竹川美子 原文彦 叶弦大 寂しいだけなら いいのです -
美子のダンチョネ節 竹川美子 菅麻貴子 叶弦大 三浦岬で ドンと打つ波はネ -
望郷恋歌 津吹みゆ 原文彦 四方章人 冷たい北風 耐えてきた -

  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11     次の 20 件に続く >>>








検索